飯田の読書

本当に、気温差が日によってもあり、一日を通しても差があり体調管理が難しい季節ですがいかがお過ごしでしょうか。こんにちは。院長の飯田です。

いきなりの質問ですが、皆さん、読書ってしてますか?
ある調査によりますと、現代の大学生の読書量、1ヵ月平均で一冊未満の方がほとんどらしいです。スマホ、インターネットで情報を手に入れるため、わざわざ紙媒体の本を読む機会が少なくなっているというのが実情でしょうが、なんか寂しい数字ですね。

今日は飯田がいままで読んでいまでも何か迷ったり悩んだ時に再度読んでる本を三冊紹介したいと思います。

①羽生善治「決断力」
羽生善治さんといえば、国民栄誉賞も受賞された永世7冠を持つトッププロ将棋棋士です。
どのような内容か、興味を持って読みましたところ、羽生さんと言えども、いままでスランプや流行の戦法に追いつけず悩まされていた時期もあったとのことです。
そんな時に、どのような心構えであったかというと「短期的なリスクを避けると長期的なリスクを負ってしまう」という記述がありました。
最初、読んだときは何を言いたいのか全く分からなかったのですが、何回か読み砕いていくと「見ず知らずの場面に遭遇することは、将棋の世界では多々ある。誰しも難しい場面を避けてリスクを避けたい。けれども、そのように難しい場面を避け続けてしまうと短期的にはリスクは減らせるが長期的に流行の戦法の知識から取り残されてしまうというリスクを負う。だとしたら、最初は上手く指せなかったとしても勇気をもって流行の戦法を指すことにしている。」とのことでした。深い。。。。

②桜井章一「努力しない生き方」
まず、桜井章一さんという方をご存じない方も多いと思います。桜井さんはプロの麻雀士。裏の世界でも活躍された方です。それだけ聞くと、なんだかアウトローな著書なのかなと私も思い、期待せず読みましたが興味深い本でした。まず、この本は麻雀についてのテクニックにつては一切記述はありません。というのも、桜井さん弟子に対しても麻雀の技術を教えることはほとんど無いようです。ただ教えることは「肩や手をリキませることなく打つこと」
弟子と旅に行く時には各駅停車の電車に乗るようで、弟子に対し「次の駅であのドアから入ってくる乗客のタイプを当ててみて」という訓練をさせるようです。つまり、乗っている時間帯、次の駅の特徴、階段やエスカレーターからの距離等の情報を考え、予測させる訓練だそうです。実は私も研修医時代、先輩医師から「夜中の12時に救急外来にきた20代の女性。主訴は眼痛。飯田何を考える?」といった訓練を受け大変勉強になったこと思い出されました。

③水野敬也 「夢をかなえるゾウ」
有名な書籍なので、お読みになった方も多いのではないでしょうか。普通のサラリーマンの主人公がある日突然、ガネーシャという不思議な神様が現われ、夢をかなえるコツを教え解く本です。最初は「靴磨きをする」「トイレ掃除をする」といったことから始まり、最後の方は「夢をかなえる最短の方法は、他人の幸せを心から応援する」といった哲学的な記述まであります。最終ページにはこの本の参考図書がずらりと並んでいて、製作するまでかなりの成功論を解いた本を参考にされた本であることもわかります。読みやすいので、どの世代の方にもお勧めです。

以上が私の指針となる三冊でした。皆さんにも指針となるような本があると思います。日々、忙しくもあり、情報収集はインターネットの「まとめサイト」で充分と思いがちですが、そんな時代だからこそ紙媒体の本を読む機会が貴重なのではないでしょうか。飯田

今年のスギ花粉を総括します。

「巨人、どうしちゃったんだよ。。。。」あっ、すみません。独り言から入ってしまいました。四月となり春爛漫な季節いかがお過ごしでしょうか。こんにちは。院長の飯田です。

本日は今年のスギ花粉について総括します。
昨年末あたりに2018年スギ花粉飛散量について予測が出ました。
【気象庁】例年と同様もしくはそれ以上
【ウェザーニュース】例年より少なめ

というものでした。そして結果は、、、、
「1983年からの統計以来3番目の飛散量!」
というものでした。
ウェザーニュースは面目丸つぶれといったところでしょうか。どうやら昨年、8月の気温が平均気温を下回ったため、花粉の量が少量になるという予測からの発表だったらしいです。

それが、予測以上の飛散量となった理由は「風向きの影響」らしいです。
たしかに、今年の春は風が強い日が多く、しかも林間部からの風向きが多かった年と考えられます。
ということは、、、いくら前年の夏の気温から予測したとしても、翌年の飛散量は風向きによっていくらでも変わるから予測しようがないという結論になるようです。

では、スギ花粉アレルギーもつ方はどうすればいいんだ?という疑問が湧くと思います。
私なりの結論はズバリ「予測値がどのように出ようとも事前にスギ花粉に対する予防策をとってください」ということです。
民間療法の効果の有無は不明ですが、眼科領域でいえば事前に抗アレルギー剤を飛散する時期より前に(具体的に言うと1月中旬あたりから)点眼開始することで
症状は和らぐことは立証されております。

スギ花粉アレルギーある方は、頭の片隅において置いて来年年始に「そろそろ点眼開始するかな。。。。」と思い出して頂けたら幸いです。当院にも予防となる点眼を処方できるよう準備してますので、御要望ありましたらご来院いただけたら幸いです。飯田

将棋・A級順位戦最終局・一斉対局<3/2>

一気に春めいた日々になりました。先週までの寒さがウソのようです。
いかがお過ごしでしょうか。院長の飯田です。

3/2、、、将棋界の一番長い一日といわれるA級順位戦最終局一斉対局が行われました。まず、なぜこの日が、将棋界の一番長い日といわれる所以を申し上げますと、将棋界にはいくつかのランクがあり最頂点には名人、その一つ下にA級順位戦リーグ(今年は特例で11人)というものがあります。一年間通してのリーグ戦なんですが、最終から2局目の対局まではバラバラの日程で行うものの、最終局は一斉に同日行うことが通例となっています。
で、やはり誰しもプロ棋士ならば名人に挑戦したいので名人挑戦権争いも激しいのですが、同時に降級(B級1組への陥落)争いも熾烈を極めております。今年の挑戦権争いには豊島八段、久保王将・・・が絡んでいましたが、私が注目したのは残留争いです。
もっとも私が注目していたのは、三浦九段-渡辺棋王戦。お二人とも勝てば残留、負ければ極めて降級の可能性が高い一戦となりました。
将棋にちょっと詳しい方なら「この二人って・・・」と思うはず。そう、一昨年、当時・竜王というタイトルを持っていた渡辺棋王が「三浦九段は、スマホでカンニングして不正に指しているのではないか。そのような方とはタイトル戦を戦いたくない。」と異議申し立てされ、三浦九段がタイトル戦に出場できないという事件がありました(その後、三浦九段の身の潔白が証明された)
つまり、当事者同士はどう感じているか分かりませんが、見ている側は、因縁の対決といっても過言ではありません。
午前9時から始まった対局は夜中の11時を過ぎても二転三転。三浦九段の攻めに渡辺棋王が粘る展開となりました。結果は、三浦九段の勝ち。勝った三浦さんは、A級残留を決めました。
負けた渡辺棋王は他の対局結果のめぐり合わせもあって、A級から陥落・・・
タイトルホルダーでもあり、永世竜王の称号も持つ渡辺棋王が陥落するとは、予想だにしませんでした。
ニコニコ生放送で対局を見ていたのですが、視聴者から「因果応報」「悪事は身を滅ぼすの典型」といったコメントが流れましたが、私はちょっと違うなと思いました。
本当に、頂点の戦いだからこその残酷なまでの戦い、その中で生まれる美しさ・・・
対局が終わったのは12時を過ぎていましたが興奮してなかなか寝つけませんでした。
かなり高い確率で、渡辺棋王はA級に戻ってくるはずですし、そう願いたいです。

追記:ちなみに名人挑戦者争いは同勝で6人が並び、プレーオフへ。こんなことも、史上初!!

ご自宅で出来るドライアイ対策

本日(2/9)から冬季オリンピック開幕ですね。
『ふ、ふな、ふな、船木~。。。』あの感動からから20年です。(ネタ元が分からない良い子は周囲の大人に聞いてみてねっ)

今年は記録的な寒さに加えて乾燥もきつい冬となってます。

そんな中、眼科的に多い疾患の中にドライアイがあります。
では、お近くの眼科もしくは当院へ受診といいたいところですが、お忙しい方には「乾き目だけで眼科に行くのもなあ・・・」という方もいらっしゃると思います。
そんな方に、ご自宅でも出来るドライアイ対策を記載したいと思います。

ズバリ方法は
1.アイマスクにて眼を温める
2.薬局にて市販されている人工涙液を活用してみる

この二点です。

中でも、アイマスクにての効能は
1.眼周囲の脂分の分泌が潤滑に
・・・眼周囲には脂分が出ています。ご存知の通り、油は冷やすと固くなり、温めると溶ける性質があります。眼周囲の脂分も同じように温めると分泌も潤滑になり、眼の表面の保護をします。
2.副交感神経優位に
・・・眼周囲には自律神経といいまして緊張やリラックスを左右する神経が走ってます。温めることでリラックスでき、ドライアイのみならず、眼精疲労にも効果的です。
3.眼血流量の増加
・・・これは 2. に書いたことと関連するのですが、副交感神経優位になることによって眼周囲の血流が良くなります。この状況も、ドライアイ、眼精疲労に効果的です。

以上の理由で、冬に眼の不快感ある方はまずドラッグストア等で販売されているアイマスク使用をお勧めします。(良い香りが出るものもありリラックス効果もあります。)

それでも、「乾き眼が強いな。。。」「冷たい風ですぐ涙が出るな。。。」といった症状のある方は眼科受診をお勧めします。

当院でも、ドライアイに対する処方ができますので、お困りの方どうぞお気軽に受診してみてください。飯田

2018年 パ・リーグ順位予想

寒い日が続き、明日(1/22)から関東地方太平洋側降雪も予報されている今日この頃いかがお過ごしでしょうか。
雪道にて転倒、事故等無いようお祈り申し上げます。

さて、前回に引き続き今回はパ・リーグを予想していきます。

さっそく順位予想へ

優勝予想 ソフトバンクホークス
もう選手層は鉄壁の布陣といってもよいのではないでしょうか。孫会長から巨人のV9を越すV10を狙うという発言もありましたが、あながち夢でも無いという現状です。野手では内川、松田といった既に実績のある選手から中村・柳田といった伸び盛りのある選手まで充実し、投手は先発陣はもちろん、史上初の50セーブを挙げたクローザーのサファテ投手まで隙がありません。優勝最有力候補!

2位予想 北海道日本ハムファイターズ
大谷が抜けるのに2位予想?と異論もあると思いますが、敢えて2位予想。というのはこのチームの伝統としていい意味でも悪い意味でも予想を裏切る傾向にあります。小笠原が抜けた後、ダルビッシュが抜けた後、新庄が引退した後・・・じつは優勝しているんです。何故だか分かりません。チームの主軸が抜けたことで危機感を感じ、選手がまとまるのでしょうか?大谷が抜け、他チームからマークされなくなったら意外と上位も望めます。

3位予想 埼玉西武ライオンズ
昨年の13連勝はさすがの一言。ただ、その勢いをもってしてホークスをとらえられなかったのは残念。野上が抜け、菊池雄星頼みになってしまう先発陣にやや不安。ただ、打撃陣は安定して活躍は望めるので、Aクラスは確実でしょう。

4位予想 千葉ロッテマリーンズ
井口監督一年目。戦力は、特に上位球団とさほど差は無いと思いますが、監督就任一年目から手腕を発揮するのは至難の業。

5位予想 東北楽天イーグルス
昨年は一時的に、ホークスを上回る勢いもありました。抑えの松井も安定感が出てきました。ただし、楽天というチームは二年連続して良い順位を挙げることが難しい。ただ梨田監督はいままで就任したチームを優勝に導く優秀な監督。去年夏までの勢いを戻せれば上位も。

6位予想 オリックスバッファローズ
正直、、、戦力的に厳しいと思ってしまう。ここ数年、オリックス、見せ場ある年が無いのは寂しい。。。ただ、ウルトラCのような出来事が起こればもしかして・・・まだ行き先が決まってない元オリックスのあのメジャーリーガーが電撃復帰!?なんてことがあったらわかりません。

昨年もそうでしたがまだチーム戦力も定まってない、キャンプも始まって無い時期に予想は大変むずかしいです。今年はどれだけ当たりますか?秋に答え合わせします。では。飯田

日本一早い(?)セ・リーグ順位予想

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。今年も本ブログならびにいいだ眼科を宜しくお願い申し上げます。

例年、ブログ1回目は日本一早い(?)セ・リーグ順位予想です。
今年で三回目ですが、本当に難しいですね。ではさっそく・・・

優勝予想 読売ジャイアンツ
やっと、、、応援し続け今年38年目となるジャイアンツを優勝予想できる状態になりました。キーマンは中日から獲得したゲレーロです。このバッターが四番に座ることによって打順が引き締まります。3番坂本・4番ゲレーロ・5番マギーで一年間戦えれば安定した得点力は確保できます。疑問符をつけるならば、FAで西武から移籍した野上。このピッチャーがどれだけ活躍し、メジャーへ移籍したマイコラスの穴を埋められるか?杉内、内海、大竹のうち一人でも復活できれば鬼に金棒!

2位予想 横浜DeNAベイスターズ
昨年のクライマックスシリーズ優勝と日本シリーズでの経験は敗れはしたものの選手、首脳陣にとって大きな経験となっていることでしょう。打撃陣は筒香、ロペス、宮崎と強力な打線は今年も健在でしょう。問題は先発陣。せめて、15勝以上できそうな先発投手一人と、10勝以上可能な先発が2人いれば優勝候補といってもいいと思いますが、いまの横浜にはそこまで求めるのは酷でしょうか?2位と予想。

3位予想 広島カープ
2年連続のリーグ優勝は立派の一言!ただ、今年どれだけおつりが残っているか。新しい戦力が出てこない限り3連覇は難しい。他チームもカープに対しかなり研究はしているはず。3位と予想。

4位予想 東京ヤクルトスワローズ
昨年は本当に主力の不調とけが人に泣かされた。山田哲人、川端、畠山といった主力が一昨年のような活躍を見せればAクラス入りも夢ではありません。でも、昨年最下位のチームがいきなり上位予想というのも気が引けました。

5位予想 阪神タイガース
金本監督三年目。そろそろ、結果が求められる年となりましたが、いかんせん個性ある主力選手が育ってこない。悩みどころは先発陣。能見、藤浪、秋山といった生え抜きの先発陣が名前は売れてるが、実績が伴ってないところ。本格化に期待。

6位予想 中日ドラゴンズ
こんなこといってなんですが、やはりゲレーロの移籍は大きい。それを補うほどの選手が出てくるかどうか?昨年は岩瀬投手の復活もあり、なんとか最下位は逃れたものの今年はもっと戦力的に厳しい。申し訳ございませんが最下位と予想させて頂きました。

以上がセ・リーグ予想でした。今年はどうなることやら・・・楽しみでもあれば不安もあります。

次回はパ・リーグ予想です。飯田

年末ですね・・・

乾燥し寒い日が続きますが、ご体調など崩されていないでしょうか?
こんにちは。院長の飯田です。
年末年始は急な眼症状に至ったとしても、『これは、救急外来を受診するべき事態なのか?それとも年始まで待ってもいいものなのか?』という疑問が生じることもあるかと考えます。では、このような状況に至ったらお手間でも救急外来へ受診されたほうが良いという症状をお話します。

1.『おそうじ洗剤が眼に入ってしまった』
年末、大掃除されるご家庭もあると思います。そんな時、普段あまり使ったこと無い洗剤を使用する機会ってありませんか?最近の洗剤は使用方法も細かくどこまでが予備キャップでどこから洗剤が出てくるのかが分からず開けてみたら洗剤が飛び散ってしまったなんて経験もあるかと思います。そんなとき、たまたま眼に洗剤が入ったなんて時は必ず適切な対処をして下さい。
まず、眼科受診前に最低15分(できましたら30分)水道水で眼を洗ってください。(商品名の表示は避けますがア○ボンで洗っても無意味です)その後、救急外来に電話し、洗剤のラベル(そこに化学品名が書いてあります。)を持参し、受診してください。
ココでのポイントは、『洗剤は入ったけど、痛みも異物感も感じないから放置してもいいかな・・・』とは考えてはいけません。
いわゆる物理的な外傷と違って化学外傷というのは眼に薬品が入って数時間、数日経過し症状が悪化します。初期対応が大切です。

2.『急な見え方の変化』
この症状の原因は多岐にわたります。キーワードは『急に・・・』というものです。
1,2ヶ月前からだんだんと見えにくくなってきたということであれば年明け眼科受診でよろしいかと思いますが、1日、2日で症状が悪化したという事態であれば話は別です。このような時に、医者の立場からすると大変役立つのは、時系列でどのタイミングからどのように見え方が変わったかをメモしていただくと助かります。

3.『吐き気も生じるような急な眼の痛み』
どなたでも一年で1.2度は「今日は眼の調子悪いなあ・・・」なんて日があると思いますが、吐き気を感じるまでの痛みというのはあまり経験することは無いと思います。重篤な疾患が生じている可能性もあります。眼科受診をおすすめします。

大まかに書いていきましたが、大切なことはご自身だけでご判断はあまりしないほうが良いということです。いまネットでご自身の症状打ち込みますと検索結果で『○○病が考えられます』と表示するサイトを私もよく目にします。
ただ、症状は個人差もあり、年齢や罹患されている疾患によっても原因はまちまち。必ず医療機関を受診して、原因を明確にされることをお勧めします。

今回のブログが年内最後の記載となります。たいしたこと書いてませんでしたが一年間、ご拝読誠にありがとうございました。

来年も当ブログならびに、いいだ眼科合わせてよろしくお願い申し上げます。
飯田

羽生善治永世七冠と藤井フィーバー

もう12月も前半。年末年始を意識するようなシーズンになってきました。乾燥した日々が続いておりますが体調を崩されたりしてませんでしょうか。こんにちは、院長の飯田です。

今回はテーマが二つ。#1 羽生さんの永世七冠の功績について #2 今年の顔、藤井聡太四段の将棋界での位置づけについて お話したいと思います。

まずは、羽生善治永世七冠についてですが、将棋界では雲の上のまたその雲の上の存在といっても過言ではないと思います。
「永世」タイトルというのは各タイトルによって条件は違うものの同じタイトルを何期も獲得して与えられる称号です。一つ、「永世」タイトルがあれさえすれば、生涯「永世○○」として称号を言えることが出来ます。その永世タイトルを現在規定されているタイトル棋戦ですべて獲得したと思ってください。
一つ、永世タイトル持っていただけだとしても一生、その称号を肩書きに出来るものの、それを七つも。。。。歴史的大棋士といえます。肩を並べる棋士を探すほうが困難といえるのではないでしょうか。余談ですが、官房長官から国民栄誉賞も検討しているとのこと。まったくもってふさわしい方だと思います。

では続きまして、藤井聡太四段について。29連勝までの破竹の勢いについては皆さんもご存知なのではないでしょうか。
でも最近は。。。マスコミもあまり取り上げなくなりましたね。そこで、29連勝後の藤井四段の主な対局結果について書いていきますと
①竜王戦決勝トーナメント2回戦敗退
②叡王戦(今年から始まったタイトル棋戦)決勝トーナメント進出
③新人王戦 準々決勝敗退
④順位戦C級2組(順位戦の中で一番下のクラス)現在6勝0敗:昇級の見込み大
⑤NHK杯トーナメント 現在三回戦進出

といったところでしょうか。単刀直入に評価すると、確かにデビュー一年目としては優良な成績だが、まだまだトップクラスの棋士までの道のりは長いというのが素直な感想です。
本当に藤井四段が強いのであれば、勝たなくてはいけなかったのは③の新人王戦です。この棋戦は、いわばトップ棋士への登竜門といわれるトーナメントで歴代優勝者は必ずトップ棋士まで上り詰めています。優勝した増田四段は現在20歳でありますが、将来期待される棋士であるといって言いと思います。
その棋戦を準々決勝で敗退は。。。藤井四段に対しファン、マスコミともにちょっと期待過剰かな?と思わせる結果でした。

ただし、藤井四段の試金石はこれからです。C級2組で現在全勝中(ちなみに新人王の増田四段も全勝中)です。このクラスを一年で卒業できうる逸材ということであれば、将来期待できます。ちなみに、順位戦はこの先、c級1組、B級2組、B級1組、A級とあり、A級で優勝して初めて名人に挑戦。順位戦は一年に一クラスしか昇級できませんので最短でもあと4年は名人挑戦にはたどり着けません。
現在、トップリーグであるA級には豊島八段(現在27歳)が全勝で勝ち進んでおり、間違いなく近い将来名人に挑戦することでしょう。

私、藤井ファンからしますと確かに15歳で初々しく、言葉を選びながら丁寧に朴訥(ぼくとつ)としたしゃべり方、そして29連勝という実績で期待してみてしまうのは致し方ないと思いますが、長い目で暖かく見守ってあげたらいいなと思います。

勝負の世界、ゴルフの石川遼選手や北海道日本ハムの斎藤祐樹投手のようにデビューは華々しかったけどその後泣かず飛ばずという方も多い。それは、将棋界でも例外ではありません。藤井聡太四段には時間がかかってもいいから最高位まで上りつめて将棋界をもっと盛り上げてほしいと切に願います。飯田

追記:12/10のNHK杯トーナメントは藤井四段登場!今年、名人に挑戦した実績を持つ稲葉八段にどのような将棋が指せるか!?期待です。

冬が近づき乾燥するシーズンへ・・・ドライアイについて

ハロウィンも終わると、もうクリスマス商戦へ。当院、一階はイトーヨーカドー食品館なのですが、すでにクリスマスケーキの予約受付。。。どころかおせち料理の受付も。もう年末ですね。こんにちは、飯田です。

冬が近づいて乾燥するシーズンとなりますと、ドライアイの方はつらいシーズンとなってしまうのではないでしょうか。今回はドライアイ対策について記載したいと思います。

ドライアイというと、眼が乾燥してショボショボする症状をイメージすると思いますが、「なんとなく眼が重い感じがする」「眼に不快感を感じる」といった症状も実はドライアイの症状であります。

では、治療方法はどのようなものがあるか・・・ですが
まずは、眼表面を保護するヒアルロン酸を含む点眼を当院では処方することが多いです。
乾燥すると眼が乾き眼の表面の組織(角膜といいます)が障害を起こしやすくなりますので、保護する点眼薬を処方します。

それでも、効果がないと判断した時には、安定した涙をつくりだす点眼を処方します。
実は、涙というものは単なる水分ではございません。水分に結膜(眼の表面の白目のところです)から分泌されるムチンという粘液と油層から構成されてます。
この、ムチンの分泌を促す点眼がいまのところ2種あります。いずれにしても効果的であることは立証されておりますが、結膜という組織に働きかけるので、ヒアルロン酸と違い、点眼の際、しみる、充血するといった症状を訴える方もいらっしゃるのも事実です。
ですので、ドライアイの点眼については、ただこれは効果的だから処方するというのではなく患者様の点眼に対する使い心地も考えながら処方しております・

そして、点眼だけではドライアイが治療が難しいという方には、涙点プラグといって涙が鼻涙管へ通り抜けるスピードを遅らせる治療もあります。
「プラグ」・・・と聞くと、なにか異物を入れられるというイメージがあると思いますが、現在ではコラーゲン(よく健康食品にも入っているものです)を涙点に注入し涙点をふさぐことも当院では行っております。

ちょっと話が脇道にそれますが、ドライアイの患者様は花粉症のシーズンにアレルギー性結膜炎にも罹患しやすいと東京女子医大高村悦子教授から発表されてます。
理由は、ドライアイになると眼の表面に花粉が付着しても涙液で洗い流される頻度が減り長時間、花粉が付着し炎症が起こりやすいという理論です。

いずれにしても、ドライアイを放置することは日常生活をお過ごしになるについてあまり良い結果を生み出さないようです。

気になる症状がありましたら、当院もしくは近隣の眼科受診をお勧めします。

これから、寒く乾燥するシーズンになりますが、みなさまがご健康であること切望し、今回のブログを締めさせていただきます。飯田

パ・リーグ順位予想 反省会場

10月21日に本州に接近し、翌日曜、月曜には関東接近し被害をこうむられた方もいらっしゃいますでしょうか?みなさまに大きな被害が無いことお祈り申し上げます。
こんにちは。飯田です。
前回セ・リーグに引き続いて今回はパ・リーグの順位予想の反省します。
まずは今年一月の順位予想のおさらい
<優勝予想>北海道日本ハムファイターズ
<二位予想>埼玉西武ライオンズ
<三位予想>千葉ロッテマリーンズ
<四位予想>ソフトバンクホークス
<五位予想>東北楽天イーグルス
<六位予想>オリックスバッファローズ

まあ、見事に外れましたねえ・・・まさか優勝と予想した日ハムが5位とは・・・
皆さんご承知の通り、大誤算は大谷翔平投手がケガで全く試合に出てこれませんでした。中田翔も不調に終わり、昨年日本一の勢いはどこに行ったのか。。。
二位の西武は当たりました。順位予想でも書きましたが、菊池投手の本格化があればこの順位は納得。源田、山川といった若い選手が活躍。来年以降楽しみなチームとなりました。
ソフトバンク、4位予想。。。すみません。圧倒的な強さでしたね。途中、怪我人が出たとしても補う選手がキチンといるというのはチーム力の差でしょう。前年度、大逆転され優勝逃した精神的な落ち込みはあったと思いますが、キャプテン内川選手によってチームを牽引されたことで乗り切りました。さすがです。
10/22でCSも突破し、日本一もすぐそこでしょう。

楽天イーグルスは一時期、かなりの追い込みを見せましたが、チーム力の差で8月下旬以降は勝率もがた落ち。来年はいかに一年間通じて安定して活躍できる選手を生みだすかがポイントですね。

ということで、二位の西武以外は全て外しました。来年はもう少し戦力分析に磨きをかけ、面白い予想できるように頑張りたいと思います。

飯田