<夏休み特別企画>【夢】って何だろうね。。。

7/22して自力優勝消滅かあ。。。あっ、また愚痴から入ってしまいました。いいだ眼科院長の飯田です。

小・中・高生の皆さんは夏休み突入でしょうか?良いですね。

いろんなスポーツ、趣味、勉学に励んでもらいたいです。大人になるとなかなか休み取れないよ!

そんな時間にちょっとだけ考えてもらったらいいなというテーマがあります。
それは【夢】というテーマです。
年上の大人たちは「将来何になりたい?」「将来の夢は?」なんて耳にタコが出来るくらい聞かされたことでしょう。私もその一人です。

私の小学5年生の時の体験が皆さんの何かの足しになればと思い記載します。
当時の私は、将棋を覚え始めミルミル強くなり親族・町内・学校にてほとんど負けることがない状態にありました。そんな中「もしかしたらプロ棋士になれるかも・・・」なんて淡い希望を持ち始めました。
そんな夏の日、岡田さんという群馬県内でも有名なアマチュア棋士が私の家にやってきました。三局、対局しましたが全敗。全く歯が立ちませんでした。そんな、岡田さんが最後に言い放った一言が「見込みないね。プロなんて諦めたほうが良いよ」
言われた後は一人で泣きました。完全に将来の夢を断ち切られた瞬間でもありました。

その後、将棋の世界に入る夢を断ち切り、勉学に励み違う道を歩んで今の私がいます。大人になり、あの時、岡田さんが言った一言が大変『優しい』一言だと思いました。

夢を応援するのも優しさ、でも実現の見込みがないことをちゃんと言ってあげるのも優しさ

そんな教訓を教えてくださいました岡田さんが先日逝去されたことを聞きました。
岡田さん、ありがとうございました。
天国で好きなだけ将棋さしてください。

補足:岡田守生 享年65歳
群馬県アマ名人に五度輝く。全国大会でも活躍された実績あり。