月別アーカイブ: 2018年2月

ご自宅で出来るドライアイ対策

本日(2/9)から冬季オリンピック開幕ですね。
『ふ、ふな、ふな、船木~。。。』あの感動からから20年です。(ネタ元が分からない良い子は周囲の大人に聞いてみてねっ)

今年は記録的な寒さに加えて乾燥もきつい冬となってます。

そんな中、眼科的に多い疾患の中にドライアイがあります。
では、お近くの眼科もしくは当院へ受診といいたいところですが、お忙しい方には「乾き目だけで眼科に行くのもなあ・・・」という方もいらっしゃると思います。
そんな方に、ご自宅でも出来るドライアイ対策を記載したいと思います。

ズバリ方法は
1.アイマスクにて眼を温める
2.薬局にて市販されている人工涙液を活用してみる

この二点です。

中でも、アイマスクにての効能は
1.眼周囲の脂分の分泌が潤滑に
・・・眼周囲には脂分が出ています。ご存知の通り、油は冷やすと固くなり、温めると溶ける性質があります。眼周囲の脂分も同じように温めると分泌も潤滑になり、眼の表面の保護をします。
2.副交感神経優位に
・・・眼周囲には自律神経といいまして緊張やリラックスを左右する神経が走ってます。温めることでリラックスでき、ドライアイのみならず、眼精疲労にも効果的です。
3.眼血流量の増加
・・・これは 2. に書いたことと関連するのですが、副交感神経優位になることによって眼周囲の血流が良くなります。この状況も、ドライアイ、眼精疲労に効果的です。

以上の理由で、冬に眼の不快感ある方はまずドラッグストア等で販売されているアイマスク使用をお勧めします。(良い香りが出るものもありリラックス効果もあります。)

それでも、「乾き眼が強いな。。。」「冷たい風ですぐ涙が出るな。。。」といった症状のある方は眼科受診をお勧めします。

当院でも、ドライアイに対する処方ができますので、お困りの方どうぞお気軽に受診してみてください。飯田