小手指 食品館イトーヨーカドー2階 眼科

土日祝日も診療

サイトマップ

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
WEBからのお問い合わせ

03-000-0000

診療時間 10:00~12:30 / 15:00~19:00 休診日 火曜

コンタクトレンズが初めての方の受付は診療時間終了1時間前までとなります。

白内障手術

白内障とは

レンズの役割を果たす"水晶体"が濁り、
視界に悪影響を及ぼす症状が『白内障』です。

眼の構造 人の目は、カメラに例えられる事があります。
カメラのレンズに相当するのが水晶体です。
水晶体は直径9mm、厚さ4mmの凸レンズの形をしていて、膜に包まれています。
一方、水晶体の中身は、透明な組織でたんぱく質と水分から構成され、「皮質」と「核」にわかれています。

眼の構造 正常な水晶体は透明で光をよく通します。
しかし、さまざまな原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性して、濁ってくることがあり、これが「白内障」です。

水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。

白内障の原因

目の中の水晶体が濁ることにより、視力が低下します。
水晶体の濁り方はひとりひとり違うため、症状はさまざまです。
主な症状としては、「目がかすむ」といったものですが、次のような症状があれば白内障の疑いがあります。
また、白内障だけでは痛みや充血はありません。

白内障の種類とその主な原因

眼の構造
加齢性白内障 加齢
全身疾患に合併する白内障 アトピー性皮膚炎、糖尿病
先天性白内障 風疹など
外傷性白内障 目のけがなど
併発性白内障 ぶどう膜炎など
その他 放射線、薬剤(ステロイド剤)

白内障の症状

白内障に罹患すると視力が低下します。これは水晶体が濁るために発症します。濁る過程は個人差があるので症状の現れ方も人それぞれです。主なものが「目が霞む」と言ったような症状です。痛みや充血も共に現れる方もいますがこの場合は「白内障」と他の症状が合併している可能性を考えることができます。次にあげる症状があれば白内障の可能性があります。

白内障の主な症状

  • 景色やモノがかすんで見える
  • まぶしくなる、明るいところで見えにくい
  • 一時的に近くが見えやすくなる、眼鏡が合わなくなる
  • 景色やモノが二重、三重に見える

もしも白内障の症状があらわれた際に眼球などに「痛み」や「充血」が伴う場合は他の疾患も発症し、『合併症状』が起きている可能性があります。
いずれの場合でも適切な治療を早期に受けることが重要ですので、お早めにご相談ください。

水晶体の濁り方と症状

皮膚の濁りと核の濁り

水晶体の濁り方はひとりひとり違いますが、水晶体の周辺部(皮質)から濁りが始まることが多く、中心部(核)が透明であれば視力は低下しません。
濁りが中心部に広がると、「まぶしくなる」「目がかすむ」ようになります。
中心部から濁り始めると「一時的に近くが見えやすくなる」ことがあり、その後「目がかすむ」ようになります。