小手指 食品館イトーヨーカドー2階 眼科

土日祝日も診療

サイトマップ

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
WEBからのお問い合わせ

03-000-0000

診療時間 10:00~12:30 / 15:00~19:00 休診日 火曜

コンタクトレンズが初めての方の受付は診療時間終了1時間前までとなります。

合併症について

白内障手術の合併症に加え、多焦点眼内レンズを使用した手術には下記のような合併症が考えられます。

 

白内障の合併症

  • 後嚢破損チン氏帯断裂

    水晶体やその周囲が予想以上に弱く破損したり断裂すること。どうしても眼内レンズを挿入できないことがあります。この場合はコンタクトレンズが必要なこともあります。

  • レンズ度数の誤差

    コンピュータで計算して患者さんに最も合ったレンズを挿入しますが、誤差無く合わせることは不可能で、多少の誤差は生じます。殆どは問題なくメガネの調整で対処可能です。

  • 術後眼内炎

    手術中または手術後に傷口から細菌が入り込んで、眼球内が化膿する場合があります。視力がかなり低下することもあります。早期治療が重要です。

白内障の合併症

手術後の合併症―グレア・ハロー

手術後の合併症―グレア・ハロー

多焦点眼内レンズは、構造上、暗いところ(夜間)で強い光源を見た場合に、通常の眼内レンズに比べてグレア(光が長く伸びてまぶしく見えること)や ハロー(光の周辺に輪がかかってみえること)が起きやすくなります。

左の写真は夜間での光の見え方のイメージです。

これらのことは、日常生活に支障をきたすようなものではありません。
以前の遠近両用の眼内レンズに比べると問題点はかなり改善されていますし、手術後の時間の経過とともに、その症状は改善され、慣れて気にならなくなります。