小手指 食品館イトーヨーカドー2階 眼科

土日祝日も診療

サイトマップ

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
WEBからのお問い合わせ

03-000-0000

診療時間 10:00~12:30 / 15:00~19:00 休診日 火曜

コンタクトレンズが初めての方の受付は診療時間終了1時間前までとなります。

流行性角結膜炎(はやり目)治療

いいだ眼科の流行性角結膜炎(はやり目)治療

いいだ眼科では、流行性角結膜炎(はやり目)の治療を行っております。
問診と診断を通して、患者さまにあった最適な治療・お薬を処方致します。

流行性角結膜炎(はやり目)とは

流行性結膜炎とは、アデノウイルスという菌が結膜に感染することで発症する目の病気で、「はやり目」とも呼ばれています。
眼球の表面から黒目の周囲とまぶたの裏までを覆っている粘膜のことを結膜といいます。結膜は直接外界に触れているということもあり、 アデノウイルスなどの病原菌が付着した手などで目をこするとアデノウイルスに感染する恐れがあります。

流行性角結膜炎(はやり目)の主な症状

結膜の充血、まぶたの腫れ、目の痛み、などです。
目の痒みはほとんどありませんが、耳の前側、顎の下のリンパ腺が腫れるといった症状が出る場合もあります。
小児や症状が重い人は、まぶたの裏に白い膜ができることがあります。これは炎症のサインで、これにより眼の表面が荒れることがあります。
そして、この炎症が強いと、小さな濁りが角膜の表面にできることもあります。

こんな症状でお困りではありませんか?

    まぶたの腫れ
    目やにが出る
    まぶたの裏にぶつぶつができる
    充血している

このような自覚症状と合わせて、耳の前側、顎の下のリンパ節が腫れている、圧迫すると痛みがある場合、アデノウイルスに感染しているかもしれません。

流行性角結膜炎(はやり目)の治療

現在、流行性角結膜炎には有効な薬がありません。
ですが、体の中に抗体ができるのを待つだけでは、目の違和感に大きなストレスを感じるでしょう。 その為、いいだ眼科では目の炎症を和らげる点眼薬を処方しております。 この点眼薬は、抵抗力が落ちている結膜に対して、これ以上細菌が感染することを予防する目的で使用されることもあります。
はやり目は、約3週間~1ヶ月ほどで完治しますが、体内で抗体ができるに連れ、症状は軽減していきます。

流行性角結膜炎(はやり目)の治療方法

  • 休養をとる

    はやり目には専用の治療薬はありませんが、有益な治療方法の一つに自然治癒が挙げられます。
    点眼薬と合わせてウイルスに対する抵抗力を上げることが早期回復に繋がります。 その為、十分な睡眠、栄養バランスを考えた食事を摂るようにしましょう。

  • 有効薬による消毒

    通常の石鹸、消毒液はアデノウイルスに対して有効な殺傷効果が望めません。
    有効だと言われているのは、加熱やエタノールなどのアルコール消毒です。 感染者が触れたドアノブなど接触が疑われる場所をアルコール消毒することで感染拡大を防ぐことに繋がります。