小手指 食品館イトーヨーカドー2階 眼科

土日祝日も診療

サイトマップ

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
WEBからのお問い合わせ

03-000-0000

診療時間 10:00~12:30 / 15:00~19:00 休診日 火曜

コンタクトレンズが初めての方の受付は診療時間終了1時間前までとなります。

眼精疲労

『眼精疲労』は「充血」や「目がかすむ」といった通常の疲労からくる症状だけでなく、「頭痛」や「嘔吐」、「情緒不安定」などの重い症状を伴います。『眼精疲労』を引き起こす原因は「目の原因」「体の原因」「精神的な原因」「環境の原因」の四つがあります。

「目の原因」は屈折異常などにより焦点を合わせようと無理な姿勢を取ったり目に力が入ったりと、過剰な負担がかかってしまう事にあります。専門医療機関などで視力検診を受け、自分の視力に合った度数のメガネ・コンタクトを装用するようにしましょう。

「体の原因」の場合は精神疾患などでホルモンバランスが乱れたり、風邪や虫歯、更年期障害などの病気によって体が疲労状態になることです。つまりは体調不良が原因で眼精疲労になることもあるので、意識して休養をとるようにしましょう。

「精神的な原因」は職場のイライラや疲れにより自律神経がアンバランスになったり、血行障害などの病気が引き起こす症状の中の1つに眼精疲労が挙げられます。自分にあったリラックス方法を見つけて適度にイライラを解消するようにしましょう。

もっとも多いのが「環境の原因」です。PC・TV・スマートフォンなどのディスプレイの見すぎによっておこります。デスクワークなど避けられない状況が多い世の中ですが、PC用のメガネを装用したり、定期的に目を瞑って目を休ませるなど少しの工夫で改善できます。

『眼精疲労』は極端な自覚症状を感じるまで我慢してしまうことが多いですが、中には危険な病気のシグナルの場合もあります。もしかすると目が原因ではない場合もあります。解決方法を講じても長く引きずってしまうようであれば、眼科医に相談して根本的な解決方法をとるようにしましょう。

 

 

 

 

 

お気軽にご相談ください (火曜は休診)

04-2935-3665

電話受付 / 午前 10:00〜12:30 午後 15:00〜19:00