小手指 食品館イトーヨーカドー2階 眼科

土日祝日も診療

サイトマップ

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
WEBからのお問い合わせ

03-000-0000

診療時間 10:00~12:30 / 15:00~19:00 休診日 火曜

コンタクトレンズが初めての方の受付は診療時間終了1時間前までとなります。

急性結膜炎

『急性結膜炎』とは突発的に結膜が炎症を起こし、「眼の痛み」「充血」「目やにが多い」「目の異物感」などの症状が出る病気です。目への症状と併せて発熱や体のだるさなどといった風邪のような症状も現れます。『結膜炎』という病気は急性か慢性かのどちらかに分類されますが、ほとんどの場合が急性です。『急性結膜炎』の原因は大きなもので二つあります。一つは細菌やウイルスなどに感染しておこる場合と、もう1つは外傷が原因となります。

○細菌・ウイルス 細菌やウイルスなどに感染して発症するケースは『急性結膜炎』の中でも一番多いです。治療法は細菌かウイルスかによって分かれます。細菌によるものは元となっている細菌に対抗する薬を選択して投与します。ウイルスの場合は細菌のように対抗できる薬がないので、症状の悪化を抑えるために消炎薬やステロイド薬を投与して自然治癒を待つしかありません。また、ウイルス性のものは感染する危険があるのでタオルを使い分けるなど、共有するものは別々にするようにしましょう。

○外傷 もう1つはゴミや砂、衝撃などによって目に傷がついて起こる外傷性の結膜炎です。外傷によるものですが、傷口から細菌に感染することもあるので、すぐに眼科医に診てもらいましょう。

○怪しい症状がでたらすぐに診察を 感染によるものでも外傷によるものでも結膜炎は目には危険な状態です。症状が角膜まで広がり失明したケースもあります。疑わしい症状に気づいたら早急に医師に診てもらうようにしましょう。

 

 

 

 

 

お気軽にご相談ください (火曜は休診)

04-2935-3665

電話受付 / 午前 10:00〜12:30 午後 15:00〜19:00