メニュー 診療予約 診療予約

弱視

『弱視』とは「コンタクトレンズ」もしくは「メガネ」で矯正しても視力が0.1以下の状態のことをいいます。例え視力が悪くても、補正具で矯正できるようであれば『弱視』とは呼びません。『弱視』の原因として考えられるのは”先天的な疾患”と、”乳幼児期からの視覚の未発達”の2つが考えられます。いずれも眼科で適切な診療を受ければ改善することができるのでご安心ください。

“先天性白内障”が原因の『弱視』は「早期手術」と「回復訓練」の2つで改善することが可能です。適切な治療を受け、視力補正具を使用することによって視力を改善することができます。

“乳幼児期からの視覚の未発達”が原因の『弱視』は、6歳頃までであれば回復可能です。『弱視』の治療の基本は眼を使わせることなので、”片目だけの弱視”の場合は健全な方の目に眼帯をつけ、弱視の方だけを使うことにより回復を図ります。もちろん視力補正具を併用していきます。子どもは中々、自身の『弱視』を自覚できないため、ご家族が注意する必要があります。「よく転ぶ」「本を集中して読むのが苦手」など『弱視』の心当たりがある場合は、物がしっかりと見えているか確認しましょう。発見が早ければ早いほど、良好な治療結果を期待することができます。

『弱視』はたとえ発見が遅れても『6歳から始めて10歳頃には視力が伸びた』というケースもあるので、諦めずに医師に相談してみましょう。